當前位置:首頁 > 專區 > 今日推薦 > 2018

日本警方延長對“奧姆真理教”觀察處分三年

發佈日期:2018年02月02日   文章來源:   作者:24小時新聞 巫嵐(編譯)
[列印本頁]【字體大小:

   

 

  編者按:日本《24小時新聞》2018年1月22日報道,日本公安審查委員會決定延長3年對“奧姆真理教”的觀察處分,並增加了新變種團體“山田集團”。

  1月末,日本警方對邪教“奧姆真理教”的觀察處分即將到期。1月22日,日本公安審查委員會做出決定,將這一期限繼續延長三年。觀察處分的對象在原本兩個變種團體“阿萊夫”和“光之輪”之外,又增加了由“阿萊夫”分裂出的新興團體“山田集團”。

  去年,日本公安調查廳曾在對“山田集團”的據點進行到府檢查時,拍到了原“奧姆真理教”教主麻原彰晃的照片。此外,在“阿萊夫”的據點中也發現了“真理教成立30週年紀念典禮”的祭壇。公安審查委員會因此認為“麻原彰晃的影響力至今仍然存在”。

  同時,針對另一支變種團體“光之輪”,去年9月東京地方法院判決取消對它的觀察處分,但國家方面對此提起了控訴。

 

オウム観察処分3年延長 新団體も対象に

  オウム真理教への観察処分が3年間延長されることが決まった。

  公安審查委員會は22日、今月末で期限を迎えるオウム真理教に対する観察処分を3年間更新すると決定した。今回は、「アレフ」と「ひかりの輪」に加え、「アレフ」から獨立した「山田らの集団」と呼ばれる新たな団體も対象となった。

  公安調查庁が去年、「山田らの集団」の施設に立ち入り検查に入った際に撮影した寫真には、松本智津夫死刑囚の映像が確認できる。また、「アレフ」の施設では、「真理の教団開設30週年記念式典」と書かれた祭壇などが確認されている。こうしたことなどから、公安審查委員會は「いまも松本死刑囚が影響力を有している」と判斷したという。

  一方、「ひかりの輪」をめぐっては、去年9月、東京地裁が観察処分を取り消す判決を出し、國側が控訴している。

(責任編輯:辛木)

反邪教網群

合作媒體

關於我們編輯信箱
凱風網版權所有 京ICP備14016129號 
京公網安備11010802014559號